・アノニマスさん
しかし、本当の被害者は、マッサージ器を他人に見られたカナタと、その他人が部屋のジャングルを掃除しなければならなかったカナタのどちらなのでしょうか? xD

・アノニマスさん
うわぁ...ここまでくると、「Yagooドリームを壊す」ということを真剣に考えているんですね(笑)
一度に多くのダメージを与えることができるかどうかを競うようなものです。

・アノニマスさん
私の脳は今、溝の中どころか下水道の中にいるようなものだ。

・アノニマスさん
彼女が恥ずかしがっているのに、マリンが友達に買ってもらっているのがいいですね。

・アノニマスさん
本当にカナタ?マリンのために?マリンの部屋には3つの「マッサージャー」があるんだから、もっと違う言い訳をしてよ。

・アノニマスさん
"それは私のものではなく、友人のために買ったものです"...。 は、誰も納得しないセリフです。

・アノニマスさん
煎餅のような人は、お店に入って、夕食の買い物をするように普通に好きなものを選んで、ドヤ顔をしながらお金を払うのだろうと思いました。

・アノニマスさん
*隠された真実:それは本物のバイブレーターだった、彼女はただストリームでのライブストーリーを伝えたかった。

・アノニマスさん
カナタがテンガを知らなかったあの時のことを今でも覚えていますが、今ではすっかりセイソらしさがなくなってしまいましたね?。

せめてルンバくんは今は自由でいてほしいxD

・アノニマスさん
*サムネイルを見て
私:かなたんはバイブを使ったの?
*ビデオの5秒後
かなたん:あの日、*マリンちゃん*・・・。
私:わかりました、いってらっしゃい。

・アノニマスさん
もし、ハウスキーパーが「あなたの部屋を掃除しましたが、あなたの...おもちゃが」という手紙を残していたらと想像してみてください。

・アノニマスさん
*地面に転がっているマッサージャーがとても怪しいカナタ*。

カナタ:_それは私のギターだけです_。

・アノニマスさん
この時点では、彼女の人生は、主人公を変態だと誤解したアニメのプロットの一部に過ぎない。

・アノニマスさん
自分の部屋は掃除しなくてもいいと思っているなんて、なんて大胆なんでしょう。

・アノニマスさん
だからこそ、自分の個室であっても決して警戒心を解かない。

まあ、それでも何かの拍子に見つかってしまったら....私はもう成人しているので

・アノニマスさん
"僕...ヘンタイ?"恥ずかしがっている様子がかわいい

・アノニマスさん
バイブレータの最初の機能はマッサージです。
しかし、他の機能を知っている人は
そうです、あなたが知っている...

・アノニマスさん
家政婦:まあ、そういう年頃なんだから、欲望を溜め込むよりはいいんじゃない?

・アノニマスさん
待てよ、彼女はついにプロに頼んで自分の囲いを掃除してもらったのか?日本のプロクリーナーは、部屋の隅々まできれいにしないのは確かだよ。

・アノニマスさん
"私の部屋を掃除する必要はありません"

建物の中で掃除が必要な部屋があるとすれば、それはおそらく...。

・アノニマスさん
「友人のために買った」という定番の言い訳をするカナタ。

・アノニマスさん
"一線を越えたな...もっと教えてくれ"
また、半年に一度しか来ない家政婦に、カナタが「いや、私の部屋を掃除しなくていいよ」と言うのも意味不明すぎる。

・アノニマスさん
この音は何だ?
ああ、あれは後ろでYagooが泣いているんだ。

・アノニマスさん
"ボクヘンタイ?"は、私が時々自分に問いかけることです。

・アノニマスさん
わかる




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=dxEvpw_IwXQ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング