・アノニマスさん
子供には「フィルター」がないので、頭に浮かんだことを何でも言ったりやったりします。何年も前のことですが、食事を終えた後、小さな子供がレストランから出てきて、私の手をつかんで "ねえ、中国人さん、うちに来てよ "と言いました。すると彼のお母さんが走ってきて止め、「知らない人とそんなことをしてはいけない」と叱ったのです。その時、小さな子供たちは、あらゆることが可能なパラレルワールドに住んでいるのだと実感しました。

・アノニマスさん
正直なところ、日本のネイティブがこのような早い時期に外国人に触れることができるのは喜ばしいことです。そのうち、自分と全く違う人を見ても、大したことではないと思えるような時代が来るでしょうし、それは私たちが目指すべき共生の瞬間だと思います。

・アノニマスさん
笑 日本で友達を待っていた時、フィリピンから来た子供たちの大人数のグループがいて、一人ずつ全員と写真を撮らなければなりませんでした。彼らは英語がペラペラでしたけど

・アノニマスさん
日本の子供たちとの一番の思い出は、那覇の小学校の野球場の近くを歩いていたら、チーム全員に囲まれて「筋肉をつけてくれ」と言われたことです。 アーノルドのような気分にさせてくれる話だ。

・アノニマスさん
私が勤務している学校の入学式の日、1年生の子が私のところに来て "外国人ですか?"と聞いてきました。あれは予想外でした😂😂😂あと、私は太っているので、お腹を触ろうと駆け寄ってくる小学1年生もいました🤣🤣🤣

でも、一番面白かったのは、1年くらい前、大津(滋賀県の京都に近い小さな街)に住んでいたときのこと。雨が降っていたので、傘をさしていました。私が横断歩道を渡ろうとしているときに、一人の子供(8歳くらいかな)が通りかかったのですが、その子が顔を上げて、私の顔が変わったことに気づいたのです。その子は急に顔つきが変わり、目を大きく見開いて、そのショックを受けた表情で私をじっと見つめたまま立ち去っていきました(そう、私を見続けるために後ろ向きに歩いていたのです)🤣🤣🤣🤣🤣

・アノニマスさん
子供たちは確かに外国人にとても憧れています。人口の約90%が日本人で、残りが外国人だということを忘れてはいけません。子供はもちろん、お年寄りも外国人を見ると驚くことがあります。私も、おばあさんが日本語で話しかけてきたことがありますが、面白いですよね。

・アノニマスさん
私と友人が日本で小学生に出会うたびに受けた最高の反応は、私たちの身長に関するものでした。私たちは全員が190cm前後なので、そこにいる全員を圧倒していました。子供たちは畏敬の念を持って私たちを見上げ、「Woah, se ga takai!」と言い始めるのですが、これが最高に面白かった。

・アノニマスさん
0:36 砂にまみれて水辺に走る。"いいえ、私はオリンピックとは関係ありません。私はアメリカからここまで泳いできて、今は泳いで戻ってきたところです。"

・アノニマスさん
海辺の少年たちは、きっとこう思ったことでしょう。"まるでシミュレーションのようだ "と

・アノニマスさん
素晴らしかったです!あの小さな子供が大男のお腹を撫でているのがとても面白くて可愛かったです(笑)

・アノニマスさん
子供たちは本当に、現実を見て謙虚になる方法を知っています。

・アノニマスさん
最初の方の人が言いたかったのは、「全部同じように嫌いだ」ということだったのではないでしょうか。笑
日本人からすると、1つだけ挙げるよりも丁寧な言い方かもしれませんね。

・アノニマスさん
何年も前に日本語を学んだ友人の家でこれを見ていました...私は彼が日本語を知っているとは知らなかったのですが、彼はただ笑って「ああ、アメリカはかなり混乱しているね」と言いました。そして私は彼を見上げて、「わ...どう...なの?」....。
彼は私に日本語を教えてくれることになりました
毎日何か新しいことを学ぶのでしょうね...。

・アノニマスさん
彼女に砂をかけている2人の男性は、一生懸命耐えていました。
*彼らは私の尊敬を持っている*

・アノニマスさん
あの年頃の子供は最高に可愛い。野蛮で素直で怒られない

・アノニマスさん
日本での生活を楽しんでいるようですね。修士号の取得もおめでとうございます。:D

・アノニマスさん
2019年に日本に行ったのですが、奈良のお寺で写真を撮っていると、どこからともなく子供たちが現れて、夫に「かっこいいから一緒に写真を撮って」とお願いしてきました(夫はベトナム人と中国人ですが、ドイツで生まれ育ちました)
とても可愛かったです。そして、子供たちからちょっとしたプレゼントももらいました
素敵な思い出です。

・アノニマスさん
私の日本での経験では、子供たちはとても好奇心旺盛で面白く、大阪では10代のグループが昼休みに私と英語で会話をして練習したいと言ってきたときには、無料でランチを食べさせてもらったこともあります。

・アノニマスさん
高校の修学旅行で日本に行ったとき、小学生たちが私たちのグループを指差して「外国人!!」と叫んだことがありました。
しかし、それはその子供たちがどれだけ外国人に触れてきたか、また年齢や発達段階にもよるのではないでしょうか。というのも、私は以前、外国人がめったに行かない北国の青森県に行ったことがあります。
そこにいた子供たちは、外国人を見ることに慣れていませんでしたが、それに加えて、ほとんどの子供たちは幼すぎて、まだ外国人に対する認識を持っていなかったのだと思います。
彼らは固定観念を持たず、私たちはただの人間です。それは良いことだと思います。「しりとりをしよう」「犬を飼っていないか」などと、すぐに近寄ってきて、適当なことを言っていました。

・アノニマスさん
言葉で人を驚かせるのはいつでも楽しいものです
アメリカで育った生粋の香港人である私は、外見的にはすっかり香港に溶け込んでいます。だから、観光客や外国人と会話をしたり、道を聞かれたりすると、いつも私の英語の流暢さに驚かれます




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=ya4x91s1GOY



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング