・アノニマスさん
学生時代に一番印象に残っていることは何ですか?

・アノニマスさん
日常にありそうなことですね。

・アノニマスさん
日本の毎日は、基本的に「日常」のエピソードです。

・アノニマスさん
*「この体育館で、この凧を揚げるのが子供の頃の夢でした、だから私は校長になったのです」*
多分そんな感じだと思いますが、サヨはシステムの再起動で忙しかったようです xD

・アノニマスさん
アメモリサヨは神です、絶対に最高です、もっと翻訳してください、これを懇願しすぎて膝が痛くなってきました。

・アノニマスさん
多くの先生が実際にそういうことをしています。私もかつてそういう経験をしたことがありますが、それほどおかしなことではありませんでした。
スピーチの前にありふれた馬鹿げたことをしてインパクトを与えようとし、スピーチではそれについて話し、しばしば日常生活や人生の教訓のようなものに関連づける。
その校長先生は、おそらく「凧のように高く揚げるには、もっと強く引っ張らなければならない。強く引っ張れば引っ張るほど高く揚がるから、強く引っ張れ!」というようなことを言うのでしょう。
おそらくアジアでは一般的なのではないでしょうか?

・アノニマスさん
生徒はこのような先生や校長に感謝しなければなりません。特に学校では、このような人には滅多に出会えませんからね。

・アノニマスさん
飽きのこない笑い

・アノニマスさん
私もそんなことがあったらいいなと思うのですが、私の学生生活は正直つまらないものでした。
せめて何か不思議な思い出があればいいのに。

・アノニマスさん
校長が鹿と格闘しているのを見て

・アノニマスさん
力に溺れてしまった時、でもそれを嫌がるようなことはしたくありません。

・アノニマスさん
なんということでしょう、校長先生。
緊張しなくなったからそうなったのかな...。

・アノニマスさん
スピーチで説明したのでしょう。アメモリさんは聞いていられなかった。

・アノニマスさん
アメモリの翻訳を見ると、確かに何か

・アノニマスさん
校長は、生徒の緊張をほぐすために、アイスブレーカーとして凧を揚げたのかもしれません。

・アノニマスさん
もっとたくさんのサヨクリップが必要です、私は彼女が大好きです。

・アノニマスさん
うちの校長もあんなに面白かったらいいのに

・アノニマスさん
あーぷちさんじが翻訳されることが多くなってきた

・アノニマスさん
おそらくそれは、スピーチをして人々の注目を集め、沈黙を守るために、想像を絶することをしたのだと思います。

・アノニマスさん
多分、凧の寓話を使って、やる気を起こさせるスピーチをしようとしたんじゃないかと思う。




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=dEtzCRdMWiw



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング