・アノニマスさん
最後のシーンでは、私も共感して泣いてしまいました。私は何年もホームレスのような状態で、水と捨てられたパンだけで食事をしていました。ある日、親切な人が私に食事をごちそうしてくれて、それは他の人にとっては普通の食事でも、私にとっては人生で最高のごちそうだったのです。今は普通に生活していますが、あの食事は一生忘れられません。

・アノニマスさん
食べる人よりも食べ物がリアルに見えることに気づいた人はいますか?

・アノニマスさん
これをアニメ化した人たちの才能はハンパじゃありません。

・アノニマスさん
食事シーンでどれだけ作画に手を入れてるかわかりやすくて好き。
食戟のソーマとか新海誠作品みたいな繊細でリアルな作画も好きだけど、ジブリみたいな柔らかくて細やかな作画も好き

・アノニマスさん
9:07 これは最も悲しい瞬間です。お金がなくて、食べ物がなくて、どれだけの人が苦しんでいるか。奇跡が起きているのを見て...。この最も悲しい瞬間...

・アノニマスさん
私は大阪の中華料理店(ラーメン、チャーハン、カニ玉、麻婆豆腐など)で長年働いてきた韓国人シェフですが、私はアニメを見ないのですが、食べ物が人をどれほど特別な気持ちにさせるかを描いているのが嬉しいですね。料理人であることに妙な誇りを感じています。

・アノニマスさん
僕だけがいない街は 当たり前の様な食事がありがたく見えるし
温かい食事でありながら 人が作ってくれたっていうのも あの子が泣いた理由だと思う

・アノニマスさん
アニメの中の女の子:*小さな噛みしめ、うめき声、かわいい顔*。

アニメの中の男たち:*2口で3食を食べ、美味しいと叫び、大げさな顔をする*。

・アノニマスさん
コロナウイルスを阻止するために、あるいはコロナウイルスにかからないようにするために、皆が最善を尽くしています。



私:アニメの食べ物!!!!

・アノニマスさん
料理は世界共通の言語です。どんな人生を歩んでいても、他の人と食事を共にすると、言葉はなくても「自分は一人じゃない」と伝え合うことができます。

どこかで聞いたことがあるような気がしますが、この言葉は最後のシーンに一番合っていると思います。

・アノニマスさん
美味しいものを実際に食べてみた感想:「うーん、美味しい!これが好きだ」。
アニメの中の美味しいもの:*文字通り、別世界の宗教的な経験*。

・アノニマスさん
7:20 私はこのようなものが大好きです。とても落ち着いていて、その瞬間をしっかりと受け止めることができます。

・アノニマスさん
7:16 これはただのリラックス

・アノニマスさん
私は10歳から14歳まで、母が家に帰ってくるまで一人で家にいましたが、母は毎日6時間かけて9時から5時まで仕事をしていました。困っている人のために祈ります。このパンデミックの中でも、私は今の生活にとても感謝しています。

・アノニマスさん
カニの足がこんな風にシンプルで簡単だったらいいのに。




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=3hacKTLvyVc



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング