・アノニマスさん
外国人にとって人名や地名はとても難しいので、日本人でも苦労することがあると知って少し安心しました。 私はしばらく前に名前用のAnkiデッキを始めて、かなり大きくなりました。かなり役に立っていますが、それでも読めない名前に出会うことがよくあります。

・アノニマスさん
架空のキャラクターの場合、2つの方法があります。1つは名前に現実的な漢字を使っている場合、もう1つは言葉遊びを見抜く必要がある場合で、アニメによってテーマが異なります。

二乃の例では、姉妹全員の名前が1~5の数字に由来していることを知っていれば、一目瞭然でした(一二三四五)。

・アノニマスさん
これは、英語圏の人が見たことのない新しい単語に出会ったときに、そのスペルの仕方が口語のそれとは違うことと、多少似ていると思います。例えば、Pneumoniaのようなものです。この単語を見たことがなく、聞いたことがある人にとっては、非常に混乱を招くかもしれません。

・アノニマスさん
翻訳者の苦労を想像してみてください...外国人の名前も日本人の名前も、翻訳するのは本当に大変です。

・アノニマスさん
カバー株式会社のCEOである谷郷さんがヤゴーというニックネームになったのは、所属タレントが自己紹介の時に名前を読み間違えたからです(笑)。
(最初の2音を読み間違えたのです。)

・アノニマスさん
力士の四股名を読むのは非常に難しいものです。力士の四股名を読むことができるかどうか、興味深いビデオになるでしょう。

・アノニマスさん
このビデオを見て、日本語を学ぶのが楽しくなりました。しかし、日本のアニメの名前に必ずしも精通していない人がいることも知っています。私はアニメを見ますが、異なる言語での名前には必ずしも慣れていません。

・アノニマスさん
そうなんです!!このようなビデオを見たかったのです!日本ではあまり知られていない名前だからこそ、かっこいいですよね。

・アノニマスさん
日本の新聞を読むのに10年かかるとしたら、日本の名前を正しく理解するのには1000年かかる。好きなように書いて、好きなように発音すると言えばいい。例えば、「タカナシ」と言っているのに、「小鳥遊」と書いてしまう。

・アノニマスさん
驚いたのは、誰も「シュタインズ・ゲート」の紅莉栖を知らなかったことです。
このアニメは日本ではとても人気があり、オタクなら誰でも読むことができました。
でも、10年も前のことだし、彼らはかなり若いと思うので、そのせいかもしれませんが...。

・アノニマスさん
私はこれが好きです!漢字を勉強しているので、日本人の名前を当てるのが大好きです。

・アノニマスさん
このビデオから私が学んだことは、日本では五等分の花嫁がシュタインズ・ゲートよりもずっと人気があるということです。

・アノニマスさん
五等分の花嫁は流石に向こうでは人気があるんでしょうね。みんなあのアニメを見ていたみたいだし(笑)。紅莉栖が出た瞬間、シュタインズ・ゲートのものに違いないと思ったよ。誰もそのアニメを知らないことに驚きました。

・アノニマスさん
中国語を学んだアメリカ人としては日本の漢字の名前を見るたびに、アナーキーだなと感じます。

・アノニマスさん
自分の国の言葉で、すべての名前や単語を読めない、確認できないことを想像してみてください。漢字は神から授かった豪華な文字ですが、時には悩みの種にもなります。

・アノニマスさん
日本の名前を毎回間違えてしまうので、これはとても心強いです。

・アノニマスさん
もし私に子供がいたら、それぞれの漢字とは全く関係のない読み方の名前をつけてあげようかな...。それはそれで面白いかもしれませんね。そもそも、そんなことが許されるのか?




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=kH7ihpftHHY



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング