・アノニマスさん
ヨーロッパ(フランスは例外)と日本の原子力エネルギーからの早期撤退は、賢明でなかったことが証明されつつある。もっと近代的で、もっと小型で、もっと安全な原子炉を使って、世界が再考することを望みます。

・アノニマスさん
日本がエネルギー消費を変えるために何かをしているのは、本当にうれしいことです。ここ数ヶ月、日本政府はエネルギーの輸入、特に化石燃料に頼ってはいけないと理解しているようです。このところの猛暑で、政府はCO2排出がいかに脅威であるかを認識したようです。私は普段は民主的な考えを持っていますが、原子力発電については、国民が理解していないようです。原発によって救われる命は、原発によって殺される命よりもはるかに多いのです。専門家は一般人よりも多くのことを知っている。とはいえ、政府がその過程で水を汚染してしまわないことを願うよ。福島には素晴らしい魚がいるし、日本の中で一番好きな県の一つだ。震災のことでしか知られていないのが残念です。多くの人が食べ物が汚染されていると考えているようですが、実際はそうではありません。

・アノニマスさん
適切な規制と複数のフェイルセーフ冷却システムがあれば原子力発電所を再開することは絶対に必要である。私たちはあまりにも急速に太陽光発電に移行しており、その結果、世界的なエネルギー不足に陥り、最終的に太陽光発電の生産に影響を与えている。原子力は、太陽電池と核融合が完全に利用できるようになるまで、世界のエネルギーのための短期的な解決策でなければならない。

・アノニマスさん
彼らの不信感は理解できる。何年も前から漁業の評判は落ちていた。しかし、国際基準に沿ったレベルで放流すれば、漁獲物の品質には何の影響もない。

・アノニマスさん
処理をして可能な限り除去する以上、一箇所に素早く投棄するのではなく、より広い範囲にトリクルダンプすべきなのです。その方が極端に希釈され、海の回復が早くなる。

新しい技術が発見され、世界中の放射性物質を処理するのに役立つことを願っています。

・アノニマスさん
核分裂はその解決策の大きな部分を占めています。今世紀末には、核融合発電所があちこちにできることを期待しています。

・アノニマスさん
現実的な尺度で言えば、原発によるエネルギー供給はリスクの多くをカバーしていますし、太陽光や風力よりもずっと優れていますし、石炭やガスよりもクリーンです。しかし、福島の事故は、予測不可能な極端な状況下で起きたことです。だから、私は、彼らがこれを行うことがベストだと思います。

・アノニマスさん
50年以上前の福島原発は、9.0の地震に無傷で耐えました。これは驚くべきことで、もし原発を動かし続けていたら、冷却がうまくいかず、被害が出ることはなかったでしょう。
原子力は脱炭素社会の実現に向けた大きな役割を担っており、安全で、より良いものになっています。 新しい発電所の建設には何年もかかるので、既存の発電所は絶対に停止させるべきではない。

・アノニマスさん
コストはともかくとして、東京に放流するのはいいアイデアだと思うし、その安全性を実証することにもなる。

・アノニマスさん
よかった。もっと多くの国が原子力発電を始める必要がある。原子力災害による死者数は、化石燃料による死者数よりも何桁も少ないことを忘れてはならない。YouTubeのカイル・ヒル氏の半生シリーズをご覧ください。原子力災害を分類し、その原因と余波を検証しています。

・アノニマスさん
日本が原子力発電を厳しく見るのは理解できる。毎年起こる地震の量は尋常ではなく、エネルギー部門に悪夢のようなリスクをもたらしている。地震だけでなく、津波や、核廃棄物の漏えいや放射能漏れの可能性もある。このため、原子炉を安全に建設できる場所は限られており、全体的な効果も限られています。原子力発電は長い道のりを歩んできましたが、特に最近のロシア、北朝鮮、中国の動きを見ると、この不確実な時代に活用するにはリスクが高いのです。例えばウクライナを見てください。あの原子炉は戦時中、本質的に時限爆弾となり、それを捕獲した者は、まともな人間なら誰でも報復を警戒するような、明確なデリケートな優位性を得ることができる。

・アノニマスさん
エネルギー効率が悪いために化石燃料や石炭を使わざるを得なかった日本が、ようやく原子力発電を活用するようになったのは喜ばしいことです。

・アノニマスさん
すべてがうまくいくことを願っています。

・アノニマスさん
日本の皆さん、お疲れ様でした。
無知な人たちによる馬鹿げた偏見で、実際に最小限の二酸化炭素排出量を達成することを止めてはいけないのです。
原子力は、私たちが自由に使える最もクリーンで最も効率的なエネルギーであり、代替の再生可能エネルギーを見つけ、改善するための時間を十分に稼ぐことができる。

・アノニマスさん
自然エネルギーはいつの日か地球が使うものになる。その間に、一部の国(すべてではない)は、自然エネルギーに大きく遅れをとっているため、原子力発電をもっと採用する必要があるかもしれません。オーストラリアやアメリカのような国には、言い訳はできない。

・アノニマスさん
再生可能エネルギーは補助的な電源として優れているが、安定した出力を得られるのは原子力だけである。化石燃料はどれも同じような問題を抱えている。

・アノニマスさん
絶望的な時は、絶望的な手段を必要とします。私は、原子力発電所の再開を支持します。なぜなら、原子力発電所は(工学と安全設計が改善され)より安全になり、より安いエネルギーとより少ない二酸化炭素排出を生み出し、有毒廃棄物はより安全に処理されるようになったからです。

・アノニマスさん
機能的な原子力発電所を閉鎖して、代わりに化石燃料を燃やす余裕は本当にない。

・アノニマスさん
「原発の電気は東京に行ったんだから、原発処理水を東京湾に流せばいいのに」福島漁師

・アノニマスさん
市民が原発の再稼働に強く反対するのは理解できる。過去に起きたことを考えれば、原発に不信感を抱くのも無理はない。




出典元 https://youtu.be/VhH1cxJ2NbE



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング