・アノニマスさん
あんなに笑ったのは久しぶりです。かわいそうに、この人は自分の仕事をしながら自転車で家に帰るところだったのに、あの角を曲がったところで、カメラを持った40人の男たちに罵詈雑言と侮辱を浴びせられたんだ、だって彼らは電車が好きでたまらないんだから、ハハハ。涙がこぼれそうです。めちゃくちゃ面白かったです。ハハハ。

・アノニマスさん
皮肉なことに、冷静さを失わずに撮影に臨んだカメラマンたちは、今では日本を代表する鉄道写真のひとつになっている。

・アノニマスさん
私は鉄道好きですが、あの変な人たちは頭がおかしいです。人、車、葉っぱ、風景の中に生命力があれば、いい写真が撮れるし、面白い。あと、暴力的なのは人を遠ざける。特に若い人たちは。これはあらゆる意味で許せない。

・アノニマスさん
文脈がなければ、危ないからバイカーに怒鳴ったのだとしか思えません。

でも今、あなたのビデオで私の見方は完全に覆されました。このチャンネルを見つけられてよかったです。ここでは本当に良い情報を提供していますね。

・アノニマスさん
日本での電車社会の乱暴さは異常。ここアメリカでは全く逆です。鉄道写真家は、車や人がいても全く気にしないし、特に葉っぱが邪魔していても気にしない。なぜ、木や葉っぱが写り込むのを嫌がるのかはよく分かりませんが。

・アノニマスさん
ディランにとっては、自分のレストランの宣伝になり、良い結果になったようでよかった。彼の言う通り、もし電車男たちが誰も写りたくないのなら、少なくとも一人のスポッターに30秒間交通を止めさせて、撮影するべきだ。公道を普通に使っている人に、怒って補償を要求する権利はない

・アノニマスさん
死んで償えと言われたとわかった瞬間、一瞬でこの人たちの正体がわかりました。この動画を見るまで、日本にも電車オタクがいることをかすかに知っているだけで、なんだかすてきだなぁとずっと思っていました。でも、こんなにも問題になっているとは知らなかったし、ディランには申し訳ないことをしたと思っています。確かに彼は偶然にショットを台無しにしてしまったけど、あんな風に彼に暴力を振るうなんて、絶対に正気の沙汰じゃない。

5:01のシャツが欲しくなりました(笑)

・アノニマスさん
なんて変な世の中なんでしょう。
悪いことをしているわけでもないのに、こんなに攻撃的に叫んでいる人たちの味方をするのは良心的ではありません。

・アノニマスさん
趣味の写真家としては、電車を背景に角から出てくる姿は、実はストリートフォトとして素晴らしい写真なんです。でも、あのオタクのリアクションは本当に笑える。

・アノニマスさん
ハハハ、彼は最高で、素晴らしいストーリーテラーです。電車の話も知らずに彼のレストランに行ったら、あまりに面白くてパーカーを2枚も買ってしまった。

・アノニマスさん
冷静な男のようだ。彼がビジネスと宣伝の機会を得たのは喜ばしいことだ。彼らが怒ったのが面白いし、怖い。この事件は、私が日本に旅行したとき、秋葉原のゲームセンターにいたある男性とのやりとりをよく表している。バンダイのゲームセンターにある鉄道シミュレーターのアーケードゲームをやりたかったんです。それでやってみたんですが、まったくダメで、めちゃくちゃになりました。スピードが速すぎて、停車駅を全部外してしまい、何度も逆走してしまいました(笑)。夫が言うには、この男がやってきて、ため息をつき、日本語で何かをつぶやき、ずっと私をにらんでいたそうです。私は何も気にせず、とても楽しかったので、もう一回やりたいと思いました。でも、主人が私を引き止めて、別のゲームに行こうと言ったんです。その人は、爆発して私に怒鳴りそうな顔をしていたからです。

・アノニマスさん
この鉄道オタクは頭がおかしい。自転車乗りに向かって叫んで、蜂のように群がって、死ねって言ってるんだから、大袈裟だよ。彼らが彼を襲うかもしれないと心配していたが、彼がそこから無事に逃げられてよかったよ。

・アノニマスさん
ディランがうまくいってよかったね。電車オタクの人たちは、メンタル面で助けてもらえるといいね

・アノニマスさん
ああ、中には本当に頭のおかしい人がいるかもしれない。数年前、漫画フェアの帰りに東京の満員電車に乗っていて、もちろん移動するスペースはないのでドアの前に立っていたら、後ろの変な男が突然、僕と友達に向かってパシャパシャやり始めた。私はこう言いました。「この電車の所有者でもないくせに。ハハハ!」
とにかく、僕はこういう人たちを荒らすのは大賛成で、ダニエルはよくやったと思います。ガイコクジンNICE!??

・アノニマスさん
そして、ここイギリスのトレインスポッターは時々狂っていると思った。最悪なのはトレスパスするか、電車に轢かれそうになることです。日本のは喧嘩腰だし。

・アノニマスさん
私の田舎にはこの手の趣味を持つ人が山ほどいましたが、このような行動をとる人はおらず、むしろ交流しようとするととてもフレンドリーな人たちばかりでした。

・アノニマスさん
鉄道オタクの私としては、この紳士的な趣味の人たちが、私たちの趣味の一部である周囲の交通に対して、ここまで過激な行動をとることに驚いています。
この紳士が、撮影の邪魔をしていると誤解し、罵詈雑言を浴びせたとしか思えません。

・アノニマスさん
日本ではこのようなことがなかったので、本当に助かりました。私なら即座に誰かの鼻を折ってしまいそうです。ディランは暴力を振るわないので、すごいと思います。

・アノニマスさん
なんというクレイジーな話なのでしょう。私は20年間日本の田舎に住んでいますが、このようなクレイジーな鉄道写真家のことは知りませんでした!日本はクレイジーな場所で、毎日楽しいことがたくさんありますが、日本は時々とても愚かなことがあります。
自転車に乗った男に激怒する姿は笑えますね。

・アノニマスさん
笑 日本人だけど、電車の人がこんな風にクレイジーだとは知らなかったよ。ディランと彼のレストランに幸あれ。




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=cecbkVqIBq0



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング