・アノニマスさん
この映画は、私が見た刀の製作に関するドキュメンタリーの中で、最も楽しく説得力のあるものの一つだ。煩わしい擬似日本音楽もなく、侍の馬鹿げた再現劇もない。 すべての工程が日本語で説明され、工程が表示されます。 親切にありがとうございました。

・アノニマスさん
これは正直言って、目の当たりにして光栄なことです。これほどまでに強く、力強く、かつ美しい作品を作るための技術と献身は、本当に賞賛に値するものです。

・アノニマスさん
私はこのドキュメンタリーの落ち着きと静けさが好きだ。最近のドキュメンタリーは、アクション映画のように超大作のBGMが流れ、カットが多用されています。

・アノニマスさん
この方法の創始者たちが、どんな思いで、どんな試行錯誤をしたのか、想像してみてください。本当にすごいことです。

・アノニマスさん
このような美しい芸術を作るためにどれだけの労力と技術が必要なのか、見ていて嬉しくなりました。ありがとうございました。

・アノニマスさん
何世代にもわたる情報、技術、技能、職人技、献身、そして伝統が一本の刀に刻み込まれているのです。 本当に素晴らしい。 日本人を愛し、賞賛しないわけにはいかない。

・アノニマスさん
私の大切な持ち物のひとつに、友人が1945年にアメリカに持ち帰った日本の短刀があります。日本軍の武装解除のために切り刻まれた刀の山があったそうです。彼は上官に刀をもらえるかどうか尋ね、その中から1本選びました。私は1933年以前のアメリカの金貨と、この私にとって貴重な若狭刀を交換しました。署名が確認された後、私の刀は1661年に作られたものだと言われました。私はこの刀を死ぬまで大切にするつもりです。

・アノニマスさん
伝統的な刀には多くのバリエーションがあることから、日本刀と特定することは非常に適切である。大刀、大太刀、脇差、タンケン刀など、基本的な構造は同じですが、大きさが異なり、戦闘での用途や技法も異なります。このように、刀は奥が深いものなのです。

・アノニマスさん
このような偉大な刀匠の仕事を見ることができるのは光栄なことです。

・アノニマスさん
ちなみに、吉原サンは現在79歳で、まだまだ現役です。

・アノニマスさん
このドキュメントは、日本の刀匠のスタイルだけでなく、忍耐力、回復力、努力、集中力、そして刀を作るのにかかる時間を示しています。とても興味深いです。




出典元 https://www.youtube.com/watch?v=gxwWf-MfZVk



    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

海外の反応ランキング